本文へスキップ

事務所理念real estate


谷直樹法律事務所は、医療事件のみの医療専門法律事務所です.

医療事件は、ビジネスではありません.医療事件は、人権事件です.専門性が高く立証のハードルが高いので、他の事件の片手間にできるようなものではないと考え、ひたすら医療事件だけを取り扱い、患者側弁護士として最先端、最高水準の法的サービスを提供できるよう努めてきました.



























悲しみを超えて、公正な解決を

医療事故(医療ミス)の被害者は、本来人を幸せにするはずの医療によって、逆の状況におかれています.医療行為によって、大切なご家族の命が失われたり、ご家族が健康被害を被ったら、あるいはご自身の健康が損なわれたら、その精神的苦痛はいかほどのものでしょう.
医療に不審をいだきながら、病院には何も言えず、法律事務所の敷居が高く、ご家族だけで悩み迷っている・・・.そのような医療被害者のために、法的責任の立証可能性について調査することにより、可能な範囲で客観的な事実を確定し、公正な協力医師からお聞きした適正な医療的評価をお伝えし、裁判例をふまえた法的バランスのとれた解決を実現するためのお力になりたい、と願って対応してきました.

患者側を代理して活動していますが、法的に責任が認められる可能性が低い事件について訴訟することは、依頼者に経済的時間的精神的負担をおかけすることになり、また医療側にも多大のご迷惑をおかけすることになりますので、極力さけています.あくまで、めざすのは、法的バランスのとれた公正な解決です.

もし、専門的な医療過誤損害賠償調査の結果、今の状態が医療過誤によるものであることが法的に立証できる見込みがあることが分かれば、交渉・医療ADR・民事訴訟等により、医療側に真摯に謝罪いただき、再発防止策を策定していただくよう求めます.それにより、臨床医療の向上改善につながれば悲しい出来事にも意味付けを見出すことができるかもしれません.さらに、賠償金が支払われることで、被害者が受ける医療・介護が充実し、ご家族の負担が多少でも軽減できるかもしれません.患者側弁護士の役割は、トータルな意味での医療被害の克服を法的観点から支援することにあると考えています.

専門的な医療過誤損害賠償調査の結果、医療側の法的責任を立証できる見込みが低い、という結論になることも少なからずあります。法的責任を立証できる見込みが低い事案では提訴はいたしませんが、その場合でも、もし、今の状態が医療の不確実性・限界によるものであることをご理解いただくことで、お気持ちを前向きに整理していただき、医師・医療に対する信頼を回復することができれば、調査の意義はあるものと考えています.

20年の経験、全国対応

弁護士谷直樹は、患者ご家族のお役に立ちたいと願い、また医療にたずさわるすべての人のために医事紛争の公正な解決を実現したいと考え、1997年から医療事件を取り扱ってまいりました.
2011年は85件(再相談を含まない)の面談相談を行いました.
2012年は75件(再相談を含まない)の面談相談を行いました.
谷直樹法律事務所は、常時、医療損害賠償調査、医療損害賠償請求交渉、弁護士会の医療ADR、医療損害賠償請求訴訟を50件以上受任しています.
首都圏はもちろん、全国各地で医療訴訟を遂行しています.ただし、遠方は死亡事案か重度障害事案に限ります.

 1200冊を超える医学書、専門家医師の協力

医療訴訟は、専門性が高く、通常の民事訴訟とは異なり、法知識と共に、医学知見が必要となります.
当法律事務所には1200冊を超える医学専門書があり、公正な各科専門家医師とのネットワークもあり、医学知見の収集に尽力してまいりました.また、20年の経験を通じて知り合った、公正な各科専門家医師との信頼関係に基づくネットワークがあります.また、それ以外に、個別の事件ごとに異なる疾患・症例に関して、詳細な検討を行うため、その疾患・症例に詳しい全国の専門家医師に協力を仰ぐようにしています.
日々研鑽に努め、医療判例の分析・研究を継続し、専門的な医療訴訟の最新の動向につねに注意をはらっています.

 経験ある弁護士が複数で担当

志を同じくする患者側弁護士との信頼関係に基づくネットワークを活用し、必要なときあるいはご希望のあるときには、他の法律事務所に所属する、医療事件の経験のある弁護士と共同で事件を担当いたします.4名体制で取り組んでいる訴訟、3名体制で取り組んだ訴訟もありました.とくにご相談、ご依頼の多い診療科・類型については、万全の体勢をとるため2名体制で取り組んでいます.もちろん、弁護士谷直樹の主導・判断のもとに行います.

 適正な弁護士費用

谷直樹法律事務所では、医療事件が人権事件であることに鑑み、患者側ご家族のご負担を軽減すべく着手金を抑え、弁護士費用をトータルで考えています.ただ,当然ですが、医療事件には、労力、時間がかかり、専門的な高い能力が要求されますので、全体として適正な金額にしています.
このホームページに「谷直樹法律事務所の弁護士費用についての標準規程」を掲載しています.