本文へスキップ

Q&Areal estate




1 医療により想定外の悪い結果が生じた場合
○ 医療過誤を疑っていますが,何をしたらよいでしょうか.
○ 通話記録,防犯カメラの映像は役に立ちますか.

2 カルテについて
○ カルテはどうすれば手に入りますか.
○ カルテ開示は,具体的にどうすればよいですか.
○ 弁護士に相談するのに,カルテは必要ですか.
○ カルテの保存期間は何年ですか.

3 弁護士の選び方など
○ 医療事件では,どのような弁護士を選ぶとよいでしょうか.
○ 弁護士を選ぶ観点を教えてください.
○ 弁護士には,ジェネラリスト志向とスペシャリスト志向がありますか.
○ 優秀な患者側弁護士を見分けるには,どうしたらよいですか.
○ 弁護士費用で弁護士を選ぶのは,適切でしょうか.
○ 弁護士が相談だけで受任しないのは,どのような場合ですか.

4 医療過誤の要件
○ 損害賠償の3要件とは何ですか.
○ 民法709条(不法行為)による請求と民法415条(債務不履行)による請求では何が違いますか.
○ 義務違反(過失)とは,どのような判断ですか.
○ 因果関係とは,どのような判断ですか.
○ 因果関係が立証できない場合は,どうなりますか.
○ 相当程度の可能性の理論とは,どういうものですか.
○ 期待権侵害(著しく不相当な医療行為)の法律構成とは,どういうものですか.
○ 説明義務違反とは,どういうことですか.

5 損害
○ 損害賠償の金額はどのように算定するのですか.

6 時効
○ 損害賠償は,いつまで求めることができますか.

7 医療事件の費用について
○ 医療事件にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか.
○ 患者側が医療訴訟で敗訴した場合,どのような費用の負担を命じられますか.
○ 医療訴訟提起が不法行為になることがありますか.

8 一部請求について
○ 一部請求とはどういうものですか.
○ 一部請求ではどのようなことに気をつけねばなりませんか.
○ 請求拡張はどのようなタイミングで行うのでしょうか.

9 医療事故・医療過誤・医療ミス
○ 医療事故・医療過誤・医療ミスの違いはなんですか.
○ 医療事件とは何ですか.
○  医療事件には、どういう類型がありますか.

ナビゲーション