本文へスキップ

がんの見落とし法律相談real estate

がんの見落とし法律相談
もし、「がんの見落とし」がなければ・・・とお思いの方は、できるだけ早期に患者側弁護士にご相談ください.

相談のご予約は
 03−5363−2052
相談予約mailは  medicallawtani @ yahoo.co.j
相談料 45分まで5400円 90分まで10800円
土曜・日曜・祝日も相談を行っております。




がんの見落とし事件の特徴

■ 特徴

@主治医が画像診断報告書を読まない,A医療者間の連絡のミス,B医師が画像の評価を読み誤る,C適時の検査を行わないなどの原因で,癌の見落としが起きています。
癌の見落としは,過失が明らかな事案が多く,そのため示談で解決することも多いのが特徴です。
ただし,発見の遅れが結果にどの程度の影響を与えたかは争われ,損害賠償額額は争われます。
そのため,癌のステージ,5年生存率など専門的知見を有する弁護士が必要です。



■ 当事務所の解決事件例
・肝がんの見落とし(横浜地裁平成17年9月15日判決で約3000万円の勝訴.判例タイムズ1249号198頁)
・肺がんの見落とし(東京地裁平成18年4月26日判決で5年生存率低下による慰謝料400万円と弁護士費用50万円計450万円の勝訴.ケースファイル3・140頁、東京高裁に控訴し総額550万円の勝訴的和解で確定)
・胃がんの見落とし(東京地裁で平成25年に約5000万円の勝訴的和解)
・子宮がんの見落とし(宇都宮地裁で平成28年示談)
・肝がんの見落とし(医療ADRで平成26年示談)
・乳がんの見落とし(医療ADRで平成27年示談)
・肺がんの見落とし(交渉で平成27年示談)
・肺がんの見落とし(交渉で平成28年示談)


医療法律相談
■ 医療法律相談(全国対応)・・・45分5400円
    医療過誤が疑われるケースについて,解決方法をアドバイスします.
    詳しくはコチラへ。

医療法律調査

調査は、弁護士2名体制で受任いたします.
■ 事故調査(全国対応)・・・調査手数料30万円+消費税と実費預り金10万円(余剰金は返金します.)
当該科医師1名にカルテ・分娩監視装置の記録を検討いただき,専門的医師としての意見を聞きます.

医療交渉
着手金・・・10万円+消費税
報酬金・・・示談金の15〜20%+消費税

医療訴訟
着手金・・・50万円+消費税
報酬金・・・賠償金(遅延損害金含む)の25〜30%+消費税