本文へスキップ

Q & Areal estate

○ 損害賠償の3要件とは何ですか.
民事の損害賠償は,民法709条(不法行為),民法415条(債務不履行)を根拠とします.
民法709条(不法行為)は,「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は,これによって生じた損害を賠償する責任を負う.」と定めています.
そこで,民事の損害賠償請求訴訟では,@義務違反(「故意又は過失」),A因果関係(「よって」),B損害,の3つの要件をすべて患者側で立証することが必要とされています.
民法415条(債務不履行)でも,ほぼ同様の要件が課せられています.
つまり,医療過誤訴訟では,義務違反,因果関係,損害の3要件について患者側が主張立証責任を負っています.

ナビゲーション