本文へスキップ

Q & Areal estate

○ 期待権侵害(著しく不相当な医療行為)の法律構成とは,どういうものですか.
過失の程度が大きく,著しく不相当な医療行為が行われた場合は,「期待権侵害」があったという構成で,最大で300万円の賠償が認められる可能性があります.ただし,具体的事案において,著しく不相当ではないとして損害賠償を認めなかった最高裁平成23年2月25日判決があります.最近の裁判例は「期待権侵害」を限定する傾向にあります.

ナビゲーション