本文へスキップ

Q & Areal estate

○ 説明義務違反とは,どういうことですか.
診療行為によって生命身体が侵害されたとき,損害賠償責任が発生します.逆に,裁判上,診療行為の注意義務違反が認められない場合,診療行為と生命身体侵害との因果関係が認められないときは,生命身体侵害については損害賠償が認められません.
しかし,損害は,生命身体が侵害されたときだけに限られるものではありません.説明を受ける権利が侵害されたときにも損害が発生します.
そこで,裁判上,診療行為の注意義務違反が認められない場合,診療行為と生命身体侵害との因果関係が認められないときに,補完的に説明義務違反による損害賠償が認められることがあります.もちろん,法的な説明義務は,或る程度限定的ですので,説明義務違反にもならない場合もあります..
説明義務違反に基づく賠償責任は,100万円以下の金額が多いようです.ただし,説明義務違反と結果との間に高度の蓋然性が認められる例外的なケース(正確な説明を受けると多くの人が迷うようなケースです)では,全損害の賠償が認められます.

ナビゲーション