本文へスキップ

Q & Areal estate

○ 損害賠償の金額はどのように算定するのですか.
生命侵害,健康被害という「損害」を賠償するには,損害を具体的に金銭に評価することが必要です.
損害は,「積極損害」「消極損害」「慰謝料」の3つに分類できます.
損害評価の算定基準は,弁護士が関与した場合は,裁判前の示談であっても,いわゆる赤本,青本の裁判基準が適用され,より高額になります.
例えば,自賠責基準では死亡本人の慰謝料は350万円ですが,赤本(首都圏で用いられる)の基準では,死亡者本人の慰謝料は,一家の支柱が2800万円,母親・配偶者が2400万円,その他が2000〜2500万円です.青本の基準(首都圏以外で用いられる)では,死亡者本人の慰謝料は,一家の支柱が2700〜3100万円,一家の支柱に準ずる場合が2400〜2700万円,その他の場合が2000〜2500万円です.
医療機関から損害賠償額の提示があった場合,当事務所にご相談されれば,提示金額が基準に照らして適切な範囲のものか,懇切丁寧にお答えいたします.

ナビゲーション