本文へスキップ

Q & Areal estate

○ 医療事件では,どのような弁護士を選ぶとよいでしょうか.
医療事件は,一般の民事事件に比べ,費用と時間がかかり,患者側の勝訴率が低い事件です.
それは,@医療側が作成した診療記録を基本に具体的な事実が認定されること,A診療行為の内容が分からない原告(患者家族)側に,過失・因果関係の立証責任の高いハードルが課せられていること,B医師の世界は未だにムラ社会で,かばい合いが行われることがあること,C裁判官は医療の専門家ではないこと等が理由です.
医療事件は難しいため,弁護士により,見方が違い,主張・立証の方針が違うことも少なくありません.
誰がやっても同じ結論になるものもありますが,弁護士によって結果が違う場合も少なくありません.
そこで,医療事件の場合,第1の弁護士選択基準は,「優秀であること」になるのではないでしょうか.

ナビゲーション