本文へスキップ

Q & Areal estate

○ 弁護士が相談だけで受任しないのは,どのような場合ですか.
弁護士は,勝訴の見込みが低い事件,費用倒れになる事件は,基本的に受けません.
複数のスペシャリスト志向の弁護士に相談し,どの弁護士も受任しないときは,その事案が勝訴の見込みが低い事件,費用倒れになる事件であると考えたほうがよいと思います.
勝訴の見込みが高くはないが低くもなく微妙なときは,弁護士の考え方・性格により対応が違います.積極的に新しい判例を作り出そうと挑戦する弁護士と,敗訴した場合のことを考え受任に慎重になる弁護士がいます.
なお,私は,判例を作り出すための挑戦も必要と考えますが,それは受任事件全体の1割以下にとどめています.

ナビゲーション