本文へスキップ

谷直樹法律事務所が提供する法的サービスreal estate

医療過誤とは、過失、因果関係、損害が立証できるものです.
医療行為のレベルが低い、患者家族への対応が不適切である、単なる医療ミス(過失はあるが因果関係・損害がないもの)は、医療過誤にあたりませんので、ご相談をお受けしておりません.

医療法律相談には、できるだけ診療記録をお持ちください.診療記録未入手の方の相談も受けています.
できれば、ご相談者のご記憶に基づき経過を時間順にした一覧をお持ちください.
裁判所は専門家が業務上作成した診療記録の記載を重視しますが、診療記録は医療側から見た事実を記載したものにすぎません.ご相談者のご記憶も、事実を補足するために必要です.

医療法律相談の結果、医療過誤(過失、因果関係、損害が立証できるもの)が明白なもの(病院側が責任を認めている事案)は、示談交渉(弁護士会の医療ADRを含む)をお奨めいたします.
医療法律相談の結果、医療過誤(過失、因果関係、損害が立証できるもの)の可能性が一定程度ある場合は、調査をお奨めいたします.多くの事案は調査が必要です.

調査の結果、医療過誤(過失、因果関係、損害が立証できるもの)の可能性が高いと判断した場合は、原則として示談交渉(弁護士会の医療ADRを含む)をお奨めします.調査の結果,責任追困難と判断した事案はそこで終了します.
示談交渉(弁護士会の医療ADRを含む)では、事案に応じた損害の適正公平な負担を時間と費用をできるだけかけずに実現するように努めています.示談交渉の結果,示談成立で終了する場合と,示談不成立で終了する場合があります.

示談交渉・医療ADRでも解決できないときは、原則として医療訴訟をお奨めし、裁判所の適正な判断を求めるように努めています.ただし損害が少ない場合では費用対効果の観点から訴訟をお奨めできないこともあります.

なお、調査の結果、医療過誤ではないが、その医療行為に問題があったと考えられるときは、依頼者のご希望があれば、事故の再発防止とより良い医療の実現のために、医療機関にその問題点を具体的にお伝えするようにしています.

谷直樹法律事務所は、患者家族、そして医療にたずさわるすべての人の権利が実現され、患者家族、患者団体、医療にたずさわるすべての人の願いである安全なより良い医療を実現するために、充実した法的サービスを提供します.

                 
             
      

      



● 医療事件の4つのステップ
こちらをクリック

ナビゲーション